2009/12/20

Novel #2



珍しく洋書に手を出してしまいました

「子供たちは森に消えた」ロバート・カレン

あの売れた「チャイルド44」の原点とも言うべきノンフィクション小説

もう読まずにはいられないでしょ

そしてもう1冊は

「隣の家の少女」ジャック・ケッチャム

あのスティーブン・キングが絶賛するほどのホラー

どちらもタイトルを見るとおまえヤバいねと思われそうですが

いつもこんな感じのものを好んでしまいます。。

やっぱノンフィクションの方から読み始めようかな

4 件のコメント:

mamiko さんのコメント...

最近すっかり洋書離れ(笑)
だって登場人物の名前が覚えられなくなってきたんだもん(笑)
私は今松本清張mp十万分の一の偶然を読んでるよ。
隣の家の少女は、私も本屋でみてきになってた・・・
かなりすごそうな内容で・・・手にとって置いてしまったよ・・・
感想まってます!!!

you さんのコメント...

ホラー。。

ホラーものってさ、映画よりむしろ怖いよね。
前に読んでみたらもう怖くて怖くて
で やめときゃいいのに止まるに止まらなくて。。
それはもう 手を出したことを後悔した覚えがあります。。orz

KA さんのコメント...

>>mamikoさん

そうそう名前が覚えられないのよね
だからいつも避けてたんだけどね
「子供たちは〜」を手にしてしまったので
チャレンジしてみようかな
しかしロシア人の名前ややこしい(笑
これ有隣堂で買ったよ
でも横浜グリーン選ばなかった…あったのかな??
いろんな色が選べるの良いね
今度から有隣堂で買う!!

KA さんのコメント...

>>youさん

ホントそうだよね
自分で文字から想像できる分、怖いのかな
これに嵌まるともうホラー小説中毒になってしまう(笑)
これは帯でおおげさなほどの書き方してるけど
大丈夫なのかな?
まぁあのキングも絶賛しているから信じてみたけどw
大石圭の1冊もまだ読まずに残ってるので忙しいです